読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら恋人またきて

さよなら恋人またきて友だちっていうBL本って普通に書店で売ってますか……? 通販とかアニメイトにしか無いのでしょうか……?←

書店で普通に売ってますよ~でも、大きい店じゃないとないかもしれません。 在庫によりますね

安いギターを買って必死に練習していたんですが、なかなか上達せず、過去に一度質問させていただいたら、弦高調整していないということを知りました。 弦高調整を自分でやるのは難しいと思うので、修理に出したいのですが、通販で買ったような安いギターなので出すのが恥ずかしいです。 皆さんも安物でも出すものなのでしょうか。

下手をすると、ギターがもう一台買える修理代になる可能性もあります。 難しくても自分でやれば、最悪ギターを買い直せば良いだけの事です。 自分でやりましょう。  まずは、ネックがまっすぐか確認しましょう。 トラスロッドという弦高調整用のネジがついているものが多いので、まずトラスロッド調整用のレンチ(工具)があるか確認しましょう。 昔のYAMAHAのギターは、ボックスと呼ばれる6角のナットを回す工具がついており、サイズが色々ありました。 最近のものは、ヘキサゴンといって6角の穴に6角のレンチを差し込んで回します。 もし前者なら、100均あたりで、眼鏡レンチという工具をサイズを確認して買ってきましょう。 後者なら、色々なサイズのヘキサゴンレンチがセットでありますので、買いましょう。 特殊物の場合は、楽器店かヤフオクで探しましょう。 弦高調整はネットに色々やり方が紹介されていますので、参考にしましょう。 基本は最初が、標準チューニング、次にトラスロッド調整、サドル(下側のコマ)の調整、ナット(上側のコマ)の調整の順番です。 全部をする必要はなく、順番にやっていって、12フレットで弦の下側とフレットの先端との差が3mm以下になれば大体OKです。 弦高調整には、一番端がメモリになっている定規が必要です。 ギターをするには1個は持っていて損はありません。 売っている場合もありますが、無ければ安物の定規を最初のメモリの所で切っても構いません。 サドルを削るためのサンドペーパーと平面を出すための固い物(砥石など)があれば作業は楽です。 是非貴方の愛器が貴方の良きパートナーになる様に、調整してあげましょう。 弦高が適正になると、驚く程弾きやすくなる場合があります。 上達にも大幅に影響があります。 フレット周りで引っかかる部分はヤスリで削るか、引っかかる所に、タイトボンドを付けると弾きやすくなる場合もあります。 是非貴方のギターが貴方好みの愛機になる様に育ててあげてください。 ナットを削るのは最後の最後で、ナットもサドルも削る場合は、予備を購入してから作業しましょう。